お知らせ▷

プロィール

どんな人がやってるの?
どんな人が家に来てくれるの?
家にどんな人が来るのか分からないと、人柄や施術は大丈夫かしら?など不安があると思いますので、簡単な自己紹介をさせていただきます。

施術者の紹介

【名前】

森本と申します。

森本です。よろしくお願いいたします。

【国家・公的資格】

  1. 鍼灸師
  2. 按摩・マッサージ・指圧師
  3. 医薬品登録販売者
  4. 介護支援専門員(ケアマネージャー)
  5. 介護予防運動指導員

【経歴】

  1. 長野県駒ヶ根市生まれ、神奈川県相模原市育ち
  2. 最初はガス会社で配管の設計業務をしているサラリーマンでしたが、直接的に人の役に立つ仕事・感謝される仕事がしたく転職
  3. マッサージ指圧院で働きながら3年間学校に通い国家資格取得(湘南医療福祉専門学校卒)
  4. 国家資格取得後はステップアップの為に渡中(中国留学)、鍼灸の本場中国・陝西省西安にて名高い中医に師事・直接学ぶ(2年間)
  5. 帰国後、大阪にある中国伝統治療で有名な先生の整骨鍼灸院に勤務(8年半)
  6. 整骨鍼灸院で鍼灸マッサージ業務をしながら併設する漢方薬店で漢方薬の説明や相談なども行う
  7. 同鍼灸院経営の居宅介護支援事業所にてケアマネージャー兼務、同鍼灸院経営の通所介護(リハビリ特化型デイサービス)にて機能訓練士兼務
  8. 大阪の鍼灸院を退職しその後、活動の場を海外に移す(2年弱)
  9. 帰国後は東京にて訪問マッサージ会社勤務(3年間)
  10. その後、練馬区にて西安堂開院 (←いまここ)

【施術タイプ】

街中にはマッサージ・鍼灸・整骨・整体・カイロなど様々な療法をする店舗が存在し、その中で色々なタイプの先生が施術をされておりますので正直一回受けないと効果の違いはよくわからないと思います。

それぞれの先生の考え方や方針は違いますし、判断や見立て症状に対するアプローチも違います。治療方法が合う合わないなどもありますので『どの治療院がいい・どの先生がいい』とは一概に言えません。

しかし施術を一度受けるにしても、失敗したくない、時間とお金を無駄にしたくない、と思いますので施術者がどんな感じなのか、どんな考えに基づいて施術を行い経験値はどのくらいあるのか?などを最初に説明をさせていただきます。

私の場合は中国鍼灸だけでなく日本鍼灸の良い所も取り入れながら、整体や身体調整・トリガーポイント・運動療法によるコンディショニングなど幅広い手技で患者様一人一人に合わせた施術をしていますが、タイプは東洋医学をベースとした経絡やツボに軸足を置いています。

 

中国古来の秘伝に基づく経絡やツボへの手技による施術で、血液循環や新陳代謝の促進、筋肉の凝りや脊髄のゆがみの調整、免疫力や体質の改善、現状のつらい症状を軽減させると同時に身体が本来もつ自然治癒力を活性化する治療を行います。

 

東洋の医学・文化・思想を哲学的バックボーンとしておりますので歴史や文化伝統、風習、地理風土に関心が深く、それ故に旅行が好きです。

日本だけにとどまらず数多くの治療方法を見聞し、体験し、学習し、練習し、実践しておりますが、独りよがりの治療にならないようバランスのとれた視点・視野で患者様に一番良い方法をご提案いたします。

 

15年以上の臨床経験より、しっかりとした確かな手技と非常にわかりやすい説明をお約束いたします。

 

またトレーナーや運動指導員、ケアマネージャーの経験もありますので運動分野・リハビリ・介護分野にも精通しております。

 

 

「マッサージは繊細なタッチなのに力強い」「優しい鍼なのによく効く」「先生に出会えて良かった」など患者様から言われることが多々あります。
『ありがとう』といわれることを意欲として日々技術の研鑽と研究心を持って患者様のお悩みを解消できるよう努めています。

【大切にしていること・好きなこと】

  1. 健康についての情報収集や実体験
  2. 美味しい料理とお酒、そしてお酒がおいしく飲める家族や友人と語り合う時間
  3. バランスのとれたライフスタイル
  4. 目に見えないもの・・・例えば相手の気持ち、人の意思、ご縁、気・波動、感覚・直観・センス、空気、WiFi(笑)
  5. 旅、トレッキング、山登り

【手】

施術をするときは当然、患者様のお身体に手を当てます。すると施術後に「温かい手だねぇぇ、どんな手してるの?見せて」と患者様からリクエストされることがたまにあります。

患者様の関心事の一つに、どんな施術者のどんな手でしてもらっているのか、ということがどうやらあるようですので一応紹介させていただきます。

こんな手をしています。

森本の癒しの手

この手で、直接的に人の役に立つことをしたいとの想いでこの仕事をしております。
この手のできる範囲でできる限りお手伝い致します。

 

どうぞよろしくお願いいたします。