お知らせ▷

呼吸を観察すること

こんにちは、西安堂の森本でございます。

 

私たちが日々無意識のうちに行っている呼吸

ストレスの多い現代生活で仕事をしていると、

怒ったり・怒られたり、緊張したり、嫌味を言われて傷ついたり、ムカついたり、悩んだり、落ち込んだり...

 

動揺することが色々とありますよね。

 

その時々の感情の変化によって、人間の体は無意識に呼吸を浅くしてしまいます。

 

呼吸が浅いの基準は何でしょう?

浅い呼吸は必然的に呼吸回数が増えます。

 

自分の呼吸はどうなんだろう?

と思ったら、1分間呼吸を測ってみてはどうでしょうか。

1分間に何回息を吐きだしているか回数を数えたことありますか?

 

まず、『自分自身の今を知る』ことはとても大切なことですので、数えて見てください。

1分間に15回以下というのが、一般的に健康な呼吸数です。

就寝時などは変化しますが、単純計算で

1時間:15×60=900回、1日:900×24=21600回

になります。多い方は1日3万回とも言われています。

 

具体的な数値を書いてからいうのもなんですが、

ここでは特に他の人や平均の数値は気にしないで下さい。

 

もっと肩の力を抜いて

まずは、自分の呼吸数を知ることです。

 

何回も測って、呼吸を観察してください…。

自分の呼吸を知ること…です。

 

自分自身の体のことでも知らないことは沢山あると思います。

“知ってるつもり”と”知る”とは大きな差がありますので、

知ることから始めてみるといいのかもしれませんね。

 


≪名言を集めてみました≫

 

人は毎日髪を整えるが、どうして心は整えないのか

革命家  チェ・ゲバラの名言

 

 

カッコイイですねー。

男なら一度はゲバラの生き方にしびれ、ゲバラTシャツを着たり、髪と髭を伸ばしてみる時期があると思います。

私にもそんな時期がありました。

人は毎日髪を整えるが、どうして呼吸は整えないのか

普通のオッサン 森本のつぶやき

 

たまに実家に帰った際に、父親が私に向かって言う言葉

人は毎日髪を整えるが、どうしてお前はととのえないのか?ボサボサだぞ

父親のセリフ

 

あれ?っと違和感を感じませんでしたか。

こう思ってませんか?

森本は呼吸を整えろと偉そうにつぶやいていたのに…髪は整え…

『それ ダメじゃん⁉』

 

 

言い訳をさせていただくと、私の髪質が強めのくせっ毛でして。。。

家で髪を整えてから出ても、他の人には何も整えてないように見えてしまうんです。

 

くせっ毛の人だったらわかってくださると思いますが、、、

写真を見る限りでは、ゲバラも髪にくせありますよね (^O^)

 

 

以上です。

全然名言ではなかったですね、失礼しました。_(._.)_

今日も1日お仕事お疲れ様でした。

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です